九州スーパーフード研究会 – 産地食材やスーパーフードの料理をご紹介

スーパーフードアドバイザー 鶴田優子スワン

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

SUPERFOODとは大昔から医療効果、治療効果を期待して食べられ、世界の多くの人々を救ってきたクリーンなエネルギー源です。

 

■自己紹介

自分の夢や幸せを叶えるためにコーチングを教えると同時に脳みそを作る細胞をもっと活性化させ病気やストレスに強い体作りが自己実現の鍵になると考えて活動しています。

 

 

 

■スーパーフードへの思い

スーパーフードが現状に蔓延している生活習慣病や子どもの病気の救世主になると確信しました。現在、美味しく料理に取り入れて家族で健康になっています。

 

■アドバイザーとしての抱負

子ども達の大切な未来を守りたい。そのために食育は伝えていかなければいけない事の一つだと思います。アドバイザーとして、スーパーフードの可能性を一人でも多くの人に伝えることで予防医学が広がることを願っています。

関連記事

  1. スーパーフード料理研究家 鶴田頼子

トラックバックURL

http://superfood-jp.com/wp-trackback.php?p=159


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)