九州スーパーフード研究会 – 産地食材やスーパーフードの料理をご紹介

なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~妊婦さん・赤ちゃん編~vol.5(玄米)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

スーパーフードアドバイザー佐次本(サジモト)です。

今回は、基本に戻って【玄米】について。

妊活中の方に限らず、年齢も性別も問わずオススメしたい食材です。

玄米は、日本で古くから主食として食べられてきた歴史がある、高い栄養価と生命力を持つスーパーフードです。

玄米と白米の大きな違いは、玄米には胚芽があること。

胚芽には、ビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれているので、白米より栄養価が高くなります。


 

玄米の持つパワーとは…

■身体を構成するための栄養素がほとんど含まれている(完全栄養食と言われるほど!)

■繊維質が豊富で便通が良くなる

■よく噛んで食べるという習慣に効果的(よく噛むことで食べ過ぎ防止にも)

■ビタミンEによる抗酸化作用が期待できる

■アメリカの国立がん研究所の“かん抑制効果がある食品”に選ばれている

■毒素排出(デトックス)効果が期待できる

など、多くの健康効果が期待できます。

 


 

反対にデメリットもあるので、ご注意を!

■腹持ちがいい反面、消化がいいとは言えないので消化器系の疾患がある方、弱い方は控えた方がいいです。(赤ちゃんの離乳食も控えたほうがいいです。)

■糖質も含まれているので、身体にいいからといって食べ過ぎるのは逆効果になります。

■精製している白米に比べて、農薬の残留が考えられます。出来るだけ無農薬の物を選びましょう。

 


どんな食材でもいえることですが、メリットとデメリット、また自身の身体の状態などを把握したうえで食べるようにしたいですね。

我が家の3際の息子は白米が好きなので、いきなり玄米に変えることはしません。

それでも、玄米を美味しく食べられるよう、私が楽しみながら工夫をしていこうと思います。

 

私自身も感じることですが、知識が先行してしまって、自分の身体の状態を無視して“身体にいいから”という理由だけで食べてしまうこともあります。

食事は、【誰と食べるか】【どんな雰囲気の中で食べるか】なども、とっても大切だと思います。

これからも【食事を楽しむこと】を大切にしながら、身体が喜ぶような食材をたくさん食べたいと思います♪

 

関連記事

  1. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~妊婦さん・赤ちゃん編~vol.8(納豆)
  2. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~妊活編~vol.7(クコの実)
  3. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~妊婦さん・赤ちゃん編~vol.6(アボカド)
  4. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~妊婦さん・赤ちゃん編~vol.4(マカ)
  5. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~妊婦さん・赤ちゃん編~vol.3(小豆)
  6. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~妊婦さん・赤ちゃん編~vol.2(ルイボスティー)
  7. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~妊婦さん・赤ちゃん編~vol.1(チアシード)

トラックバックURL

http://superfood-jp.com/wp-trackback.php?p=1922


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)