九州スーパーフード研究会 – 産地食材やスーパーフードの料理をご紹介

なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~vol.14(亜麻仁オイル)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

おはようございます!スーパーフードアドバイザー佐次本(サジモト)です。

私が住む地域では、まだまだインフルエンザが流行っています!

 

帰宅後の手洗いうがいを徹底するなど、出来る予防はしておきたいですね。

今日、紹介したいスーパーフードは【亜麻仁オイル】です。

我が家でも出番が多いオイルの1つです。

 

亜麻仁オイルの原料は亜麻。紀元前の古代エジプトで栽培されていたという、とても歴史ある植物です。

亜麻の種子を亜麻仁と呼び、亜麻仁からとれるオイルが亜麻仁オイル(亜麻仁油)になります。

亜麻仁オイルが注目されている理由は、オメガ3脂肪酸の“α-リノレン酸”が豊富に含まれているから。


 

この“α-リノレン酸”は、

■コレステロール値を調整する

■高血圧の予防

■動脈硬化の予防

■中性脂肪を減らす

■心臓病、脳卒中、糖尿病などの予防

 


など、多くの効果が期待されています。

また、大きな特徴として、“α-リノレン酸”は、体内に入るとオメガ3系脂肪酸、DHA、EPAに変換されるということです。

青魚などに多く含まれるDHAやEPAは健康だけでなく脳への効果も期待されています。

 

過去に、日本人の子どもの知能指数の高さに着目したイギリス人研究者が「日本人の魚を食べる習慣」と「知能指数の高さ」が深く関わっていると発信したことから、DHAが記憶力や学習能力に効果的であるという点が注目されるようになりました。

 

昔は、日本の食卓には魚がよく登場していたと思います。しかし欧米化した食生活や放射能の問題などが心配される現在は、魚を食べる機会がぐっと減っているように思います。

 

前述したように、DHAやEPAは体内で合成されないので、食事から摂取する必要があるのです。

子どもの脳の成長に役立つなら、積極的に摂取したいな~と思う方も多いのではないでしょうか。

私も、その一人です。

毎日の食生活に取り入れるだけで、必要な栄養素がしっかり摂取できるのはとても効率的です。

 

我が家では、サラダのドレッシング替わりに「亜麻仁オイル&塩」を使ったりします。

味にクセもなく、美味しいです。しかも、素材の味をしっかり楽しめます♪

 

ごはんに「亜麻仁オイル&醤油&おかか」という手抜きメニューもたまにあります。

これも、美味しいです!

 

亜麻仁オイルは熱に弱く酸化しやすいので、出来るだけそのまま摂取する方法をオススメします。

サラダ、スープなど、料理の仕上げにちょっと加えるという手軽さも嬉しいですね。

ぜひ、試してみてください。

関連記事

  1. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~vol.16(ブロッコリースーパースプラウト)
  2. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~vol.15(カカオ)
  3. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~vol.13(スピルリナ)
  4. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~vol.12(そば)
  5. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~vol.11(海苔)
  6. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~ vol.10(カカオパウダー)
  7. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~ vol.9(ゴールデンベリー)
  8. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~ vol.8油(オイル)
  9. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~ vol.7ナッツ
  10. なぜ、今、時代は「スーパーフード」なのか~子育て編~ vol.6甘酒

トラックバックURL

http://superfood-jp.com/wp-trackback.php?p=1935


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)