九州スーパーフード研究会 – 産地食材やスーパーフードの料理をご紹介

キヌア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

images (2) キヌアは、栄養成分がバランスよく含まれているスーパーフードです。美容やダイエットなどの面でも注目の食材です。 キヌアが脚光を浴びている理由は大きく分けると栄養成分が多いことと、グルテンフリー・アレルギーフリーであることでしょう。 米国の歌手・ビヨンセが約26kgの減量成功の秘訣と言ったり、海外セレブが取り入れたりしていることでスーパー穀物として欧米では熱狂的な人気を博しており、日本でも知られるようになっています。 キアヌは穀物と呼ばれていますが生物学的分類上は穀物ではありません。ほうれん草の仲間です。しかし、見た目が穀物のようであるため、ソバやアマランサスなどと同じ擬穀物に分類されています。一般的には穀物として扱われています。

 

スーパー穀物といわれる栄養価

キヌアには白米と比較してタンパク質が2倍以上、脂質が3倍以上含まれています。キヌアの脂質はオリーブ油の主成分のオレイン酸など不飽和脂肪酸の割合が多いことから、健康に良い脂質です。タンパク質もまた良質で、須、準必須アミノ酸をバランスよく含み、主要な穀物に比べると高いアミノ酸スコアとなっています。

キヌアはビタミンB群やビタミンD、E、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも豊富に含んでいます。ビタミンEの効果で上記の脂肪酸の酸化を防ぎ、良い状態のまま摂取することにも役立つと言われています。

images (6)

 

 

 

 

 

 

 

女性と美容に嬉しい栄養素

緑黄色野菜に匹敵すると言われる葉酸と鉄分の効果で貧血防止に、ビタミンEと鉄分の効果で冷え性の改善に、とキヌアは女性に嬉しい効果も期待できます。穀物(主食)に不足がちな食物繊維が豊富で1カップで1日摂取量の21%を摂取することができます。白米と比較した場合、キヌアの鉄分は5倍、カルシウムは6倍、食物繊維は10倍と言われています。

またキヌアはグリセリンインデックス値(GI値)、グリセミック負荷(GL値)が低いことから血糖値の急激な変動を起こさず、血糖値を長時間安定させてくれる食材と言えます。過剰な食欲を抑えることにも繋がると考えられています。食物繊維が多いことに加えてこの血糖値の変動の低さもダイエットサポートとして注目される理由ですね。

 

ダイエット以外にもキヌアは「キレイ」サポートとして女性ホルモンと似た働きをするフェトエストロゲンという成分を含んでいます。ホルモンバランスを崩しがちな現代女性の強い味方でもあり、更年期障害や骨粗鬆症の予防としても注目されています。フィトエストロゲンに加えビタミンB2(リボフラビン)や様々な栄養素の相乗効果で皮膚や髪を綺麗な状態に保ってくれる効果が期待できます。

images (15)

アレルギーが起きない

キヌアに人気があるもう一つの理由はアレルギーが起きないこと。欧米で問題になっているグルテンアレルギー(セリアック病)の食事療法としても活用されていました。グルテンの依存性や食欲増進作用が問題視され、ダイエットや健康に良いとして流行している「グルテンフリーダイエット」の影響もあり、しっかりと栄養も取れることでますますキヌア人気が高まったとも言えます。日本では大豆アレルギーの方なども利用できる「キヌア味噌」「キヌア醤油」が生産されています。

関連記事

  1. カカオ
  2. クローブ(丁子 – チョウジ)
  3. クロスグリ、カシス(仏)、ブラックカラント(英)

トラックバックURL

http://superfood-jp.com/wp-trackback.php?p=221


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)