九州スーパーフード研究会 – 産地食材やスーパーフードの料理をご紹介

ビーポーレン

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

蜂由来のスーパーフードと言えば、これ。ピーボーレンは、ミツバチ(ビー)が集めてきた花粉(ボーレン)のことです。ミツバチは花の蜜を集めるだけではありません。ミツバチの体内から分泌する酵素で花粉をまとめ、団子状にして巣に持ち帰るのです。

ビーポーレン3

この花粉をフリーズドライなどで加工し、顆粒やカプセルにしたものが商品化されています。

ビーポーレンは、人のカラダを構成する20種類のアミノ酸を全て含むほか、多種多様なビタミンA・C・E・B群などのビタミン類、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄分・リンなどのミネラル、様々な酵素など、健康によい成分をたくさん含んでいます。 このように栄養価が高いことから疲労回復や滋養強壮、造血作用があることから貧血の解消に有効であるということがよく知られています。また、これら以外にも、免疫力を向上させることから花粉症、喘息、鼻炎などといったアレルギー性疾患の改善や対策、整腸作用があることから腸内環境を整えて便秘や下痢などの改善にも効果的だと言われています。 アメリカでは、ビーポーレンを少しずつ取り込むことで身体を花粉に慣れさせて、花粉症をはじめとするアレルギーの発症を抑える方法も研究されています。

ビーポーレン2

ビーポーレンは甘さをおさえた蜂蜜のような味で、少量をそのままなめても大丈夫。粉っぽさが気になるなら、蜂蜜やアサイーなどと混ぜて食べたり、スムージーやドリンクに入れたりするのもよいでしょう。シリアルやサラダにかけるのもよいでしょう。加熱せずに生のまま食べるのがお勧めです。

関連記事

  1. ブラックシード

トラックバックURL

http://superfood-jp.com/wp-trackback.php?p=607


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)