九州スーパーフード研究会 – 産地食材やスーパーフードの料理をご紹介

スーパーフードアドバイザー 西山大介

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

SUPERFOODとは大昔から医療効果、治療効果を期待して食べられ、世界の多くの人々を救ってきたクリーンなエネルギー源です。

 
■自己紹介NISHIYAMA
塾.予備校のコンサルタント。また遺伝子検査協会代表理事としても活躍。常に子どもの健全な教育に焦点を充てた指導法を実践し高い評価を得ている。

 

■スーパーフードへの思い
最近キレやすい子ども、落ち着きのない子どもをたくさん見てきて、原因が食にあるのではないかと研究。その結果スーパーフードにたどりつく。加工されていないオーガニックのスーパーフードを摂取することが、未来の創造的な子どもの育成に不可欠だと考え、食育.知育のためのスーパーフードの普及に力を入れていきます。

 

■アドバイザーとしての抱負

食のスペシャリストとして、子どもに与えるべき食品、与えてはいけない食品をしっかり提唱していきたいと思います。現代病になりつつあるアトピーやアレルギーになりにくい食育等も、講座などを開催していき、若いお母様お父様方に食育の大切さを認識して頂けるよう努めて参ります。

 

■皆様へのメッセージ

是非スーパーフード研究会のイベントに参加されて、本当のスーパーフードとは何かを知ってください。それを家庭の食事に取り入れることで、子どもの将来の可能性が飛躍的に伸びることを確信しております。
また、子どもの食生活の改善、アドバイスを中心にスーパーフードの素晴らしさをみなさんに伝えて、病気になりにくい健康な体作りを提唱していきます。

 

一般社団法人遺伝子検査協会

http://www.idenshi-kensa.jp/

 

一般社団法人遺伝子検査協会 Facebook
https://www.facebook.com/genetist.jp/?fref=ts

関連記事

  1. スーパーフードアドバイザー 中込城児

トラックバックURL

http://superfood-jp.com/wp-trackback.php?p=626


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)