九州スーパーフード研究会 – 産地食材やスーパーフードの料理をご紹介

映画「100年ごはん」上映会を福岡で開催します

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestPrint this pageEmail this to someone

100年ごはんバナー

 

大分県臼杵市が市を挙げて取り組む有機農業による町おこしを大林千茱萸監督が5年にわたって撮影した映画「100年ごはん」を見る会を6月に福岡市で開催します。

 

◆上映日:2016 年 6 月 12 日(日)正午から
◆会場:高宮アミカス(福岡市男女共同参画推進センター・アミカス)
西鉄天神大牟田線「高宮駅」西口すぐ
http://amikas.city.fukuoka.lg.jp/

 

◆上映委員会を立ち上げて、準備を始めました。
ご興味ある方はどうぞ「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/100年ごはん福岡上映委員会-591604814328631/

 

◆イベントプログラムの詳細は適時フェイスブックやWEBでお知らせいたします。
映画を見て、臼杵市の有機野菜を試食し、大林千茱萸監督のお話を聞き、
臼杵市の有機野菜「ほんまもん野菜」を買うことができるイベントとなります。
 

◆上映委員会に参加して手伝ってくださるボランティアも募集します。
フェイスブックのコメントやメッセージでお知らせください。

 

大分県臼杵市は2010年に、草木8割、豚糞2割を主原料とした堆肥を製造する「臼杵市土づくりセンター」を開設。市を挙げて農薬も化学肥料も使わない野菜作りに取り組み始めました。将来的には子どもたちの給食を全て臼杵の有機野菜でまかないたいという計画です。

 

◆「100年ごはん」の予告編
大分県臼杵市で始まった有機野菜作りは100年の仕事。

市の給食の野菜を全て有機野菜にしようという試みは始まったばかりですが、その最初の5年間を記録した映画です。

 

臼杵市が2010年に、草木8割、豚糞2割を主原料とした堆肥を製造する「臼杵市土づくりセンター」を開設したところから撮影が始まりました。

有機野菜だけではなく、食育や学校給食、食の安全や健康に関心のある人に是非見ていただきたい映画です。

 

関連記事

  1. 映画『100年ごはん』を福岡で見る会を開催しました
  2. 映画『100年ごはん』チケットは完売いたしました
  3. 佐賀県唐津市の神集島で開催された映画「100年ごはん」を見る会
  4. 奇跡のオメガ3開発ドクター
  5. 2015おおいたオーガニックフェスタ

トラックバックURL

http://superfood-jp.com/wp-trackback.php?p=705


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)