流行で終わらない!スーパーフードは人類を救う地球からの贈り物

数年前から日本でも流行っている“スーパーフード”をご存知ですか? スーパーフードとは、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素を豊富に含む植物由来の食品のこと。 1980年代にカナダやアメリカの予防医学を推進する医師の間で開発され、2000年代にハリウッド女優のミランダ・カ ーやマドンナなどの海外セレブが美容や健康のために取り入れはじめ、日本でも美容・健康意識が高いモデルなどを中 心に知名度を上げてきました。

薬効効果が高いとされるウコン

アサイーは流行りの火付け役

ブルーベリーもそのひとつ

スーパーフードは、大昔からその栄養価の高さにより医薬効果治療効果を期待して食べられ、世界中の多くの人々 を病から救ってきました。

つまり、スーパーフードの“スーパー”とは、普通以上ということ。第三者機関の認証があり、科学的根拠を持つもの をスーパーフードと呼び、それ以外のものはスーパーフードという名称は基本的に使用できません。

現代は医学・科学的な根拠が証明され、手術後の回復食や病気の予防食として世界中で利用されています。 つまり、“食べる薬”なのです。抗酸化物質を豊富に含んでいない単体のものは薬効効果が低いので、それはただのフ ード。スーパーフードとは言えません。

最低でも「添加物不使用」「遺伝子組み換えでない」「品種改良でない」「有機JAS認定付き」「農薬不使用」 「化学薬品不使用」「除草剤不使用」を選ぶことが大切。

スーパーフードを使った商品にも、添加物を多く使ったもの は溢れています。

商品を購入する場合は原材料表示を確認するようにしてください。

特に、第三者機関による高品質と安全性を証明して いるものをオススメします。

具体的にいえば、「USDA(アメリカ農水省オーガニック協会認証)」や「イスラムハラル協会認証認定」「医 師健康グループ推奨」「国連HACCP認証」などの有無や、医師による処方の証明や優良製造規範承認、ORAC 値、CAP-e数値、品質保証オーガニック認定を受けたものかどうかを確認するとよいでしょう。

 

九州スーパーフード研究会が認めたスーパーフードドリンク

九州スーパーフード研究会が「現代の救世主だ!」と確信したスーパーフードドリンクは、世界的権威ある医師により長い年月をかけて開発された、科学的根拠を持つ商品です。
USDAやハラルなど世界が認める認証をいくつも取得し、天然の治癒パワーを持つ約20種類以上のスーパーフードで作られています。


原材料の中で、代表的なスーパーフードといえば『ブラックシード』


WHOが認めるブラックシード(学名:ニゲラサティバ)は、世界中で知られているスーパーフードのひとつ。
その薬効から恵みの種と呼ばれ古代エジプト人、アッシリア人は3,000年以上前から、このハーブが秘めた癒しの力を発見し、自然界最大の贈り物として重宝してきたと言われています。
ブラックシードのオイルは、様々な病気、感染症の治療に使われていたため、ファラオのオイルとも呼ばれていました。

ブラックシードの効果
●鎮痛作用 ●抗菌作用 ●抗炎症作用 ●抗潰瘍作用 ●抗コリン作用
●降圧作用 ●抗酸化作用 ●抗けいれん作用 ●抗ウイルス作用 ●気管支拡張作用
●グルコネオゲネシス抑制作用 ●肝臓保護作用 ●低血圧 ●インスタリン作用
●インターフェロン誘起物質 ●ロイコトリエン拮抗薬 ●腎臓保護作用 ●腫瘍壊死因子&阻害薬
●母乳生成促進 ●抗カビ作用

また、このスーパーフードドリンクは、第三者機関での認証を取得している、信頼度の高い製品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)