なぜ、今スーパーフードが世界中で必要とされているのか。

世界中で広まり、現在では日本でもその知名度をどんどん広げているスーパーフードと呼ばれる食材の数々。

どうして今、スーパーフードが世界中で必要とされているのか。

その背景には、今地球上で起こっている環境問題と密接な関係があるのです。

現在、地球環境は最悪の事態を迎えようとしています。

そもそも、地球環境が悪化した要因は二酸化炭素(CO2)の増加。

二酸化炭素は本来空気中に280ppmあれば十分とされています。

しかし、利便性を求め地球環境を破壊し続けた結果、ここ100年ほどで空気中の量は約5割アップの400ppmとなってしまいました。

このことが私たちの身体に、想像以上の影響を及ぼしています。このことに一体どれだけの人が気付いているでしょうか?

二酸化炭素は酸素原子2つ+炭素原子1つが合体したもの。

酸素は切ったリンゴの表面が茶色くなっていくように人間の身体を錆び(酸化)させます。

さらに、炭素は人間の身体を炭化させ、細胞を真っ黒にしていう性質を持ちます。

このような性質を持つ二酸化炭素がどんどん増加していったら、人間の身体はどうなってしまうでしょうか?

100年足らずでDNAは簡単に変化しません。ということは、人間の身体は対応できなくなってしまうのです。

日々、身体が酸化・炭化をし続けていくと、細胞が正常に働くことができなくなってしまい、病気を引き起こします。

そうならないためには、身体を酸化・炭化から守ることが重要なポイントになるでしょう。

そこで救世主となるのが、特別な自然エネルギーと豊富な栄養素を兼ね備えたスーパーフードなのです。

しかも、単品ではなく、スーパーフードが何種類も結合された健康効果が科学的に実証されたものを摂取することで、身体を酸化・炭化から守ることができます。

身体に必要な栄養素をしっかり摂取することは、細胞を活性化させ免疫力アップにも繋がります。

それは、脳細胞に関しても同じで、脳の活動も活発になっていきます。

環境汚染が進み、既存の農産物や海産物などでは栄養がとれないうえ、逆に健康を損ねるような農薬や化学物質が蔓延している現在、しっかりと必要な栄養素を摂取するにはスーパーフードが必須です。

健康という大きな価値をしっかり理解している世界中のセレブやスポーツ選手たちの間では、スーパーフードはもはや当たりまえ。

病気になってから後悔しても遅いです。私たちも健康を損なう前に、出来ることから始めませんか?

【問い合わせ先】

九州スーパーフード研究会 担当アドバイザー:白石幸一

〒810−0022 福岡市中央区薬院3−11−3

TEL:090-8661-6189/092-524-5582 FAX:092-524-5584

MAIL:ks_98@ukon-jp.com URL:http://superfood-jp.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です