認知症予防に効くとされるオメガ3。摂り方を間違えると逆効果にも!?

ここ最近、どんどん知名度が高くなってきたオメガ3。

認知症に効果的と言われ、ネットや雑誌、広告などで目にする機会が多くなっています。

陳列棚に“オメガ3”と書かれた油などが並んでいるお店も、ここ数年でぐっと増えています。

オメガ3とは一体何なのか。

正しくは「ω(オメガ)-3脂肪酸」。

オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸のひとつで、“DHA”や“EPA”がオメガ3脂肪酸に分類されます。

これらは、脳の成長に効果的という謳い文句で、食品が販売されたことで有名になったかと思います。

オメガ3脂肪酸は、人間の細胞を正常に働かせるために不可欠なものです。

しかし、体内で合成できないので、食事から摂取する必要があります

■健康維持を目的としたDHA・EPAの目標摂取量について

『厚生労働省_脂質』

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4g.pdf

近年では、オメガ3が認知症に効果があるという研究結果も数多く出ていますが、大きなポイントは『クルクミンが含まれていること』。

ウコンに含まれる有効成分であるクルクミンは、血液脳関門を通過でき、強力な抗酸化、抗炎症作用を持つため、神経障害に効果がある神経保護効果としての可能性が探られました。

その点から、何十年も前から研究者によってアルツハイマーや炎症を抑えるという研究がされています。

よって、オメガ3とクルクミンを一緒に摂ることが、脳に効果的と考えます。

 

■認知症による行方不明者、前年比26.4%増。

■アルツハイマー認知症予防に効果的なウコンのクルクミン

『認知症の予防と対策ガイド』

http://nintishou-yobou.com/category2/entry9.html

さらに、オメガ3は青魚にも含まれていることが有名ですが、気を付けたいのは『魚の油が酸化すること』です。

酸化した油は、私たちの身体に負担をかけ、マイナス要素となってしまいます

■オメガ3脂肪酸は酸化しやすい

『良い油と悪い油?油との上手な付き合い方』

http://macrobiotic-daisuki.jp/abura-3216.html

 

しかし、九州スーパーフード研究会が発見したハイドライド化した蘇生水“マイナス水素水”は、プラスの元素と結合でき、今まで起こりえなかった現象を起こします。

例として、プラスに鉄とマイナス水素が結ばれると決して錆びない。さらに、ステンレスより強い鉄になる。

最小の元素・水素が電子を持って包み込むことで、有害な酸化物質、環境汚染物質を安定化するのです。

簡潔にいうと、“マイナス水素水”と一緒に摂ることで、古く酸化した油が蘇生し、最大限の効果が期待できる。

オメガ3の持つ効果を最大限引き出すには、科学的にも証明されたマイナス水素水が必要なのです。

これは、九州スーパーフード研究会が20年以上研究してきた成果でもあります。

いくら身体に良いものでも、条件や状態によっては身体にとってマイナスになってしまうことは明らか。

科学的に証明されたパワーを知り、活用することで、ベストな状態で栄養素を体内に取り込む準備ができるのではないでしょうか。

【問い合わせ先】

九州スーパーフード研究会 担当アドバイザー:白石幸一

〒810−0022 福岡市中央区薬院3−11−3

TEL:090-8661-6189/092-524-5582 FAX:092-524-5584

MAIL:ks_98@ukon-jp.com URL:http://superfood-jp.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)